心理学から見る親子コミュニケーション

箕島小学校 (4)

箕島小学校PTA研修部様からのご依頼の講演会です。
小学校の6年間は体も心も大きく大きく成長する大切な時期です。
勉強に友達関係、先生や地域の方との関わりと世界が広がりながら様々な感情を味わっていきます。
だからこそ家庭は安らぎの場で、そのままの自分を開示できる場所で、何より信頼関係がベースになっていることがとても大切になっていきます。

心理学は心を理解する学問。
決めつけや思い込みを外して、子どもの心を理解することに心理学や脳科学を活用して欲しいと願います。